早めの治療が大切

カウンセリング

理想と現実の違いが問題

新入社員が入社後初めてつまずく時期が、5月ないし6月頃と言われます。考えられることに新しい生活環境に慣れることが出来ないと言うことがあります。特にゴールデンウィーク明けには、うつのような症状を見せる人が多くなるようですが、これらの人たちは適応障害と言う病にかかったものと考えられます。そして6月頃に症状を見せるようになる新入社員は、自身の考えていることとのギャプから起こるストレスがあると言われます。理想と現実の違いは相当大きなものになり、意欲の減退にも繋がることになることからうつ病の一歩手前まで来ていると予想されます。以前ですとこのうつ病は、学校の成績も良く責任感が強い上頑張り屋さんがかかる傾向があったのですが、最近では誰がかかっても不思議ではない状況になっているようです。そこには、まさかと言う人もうつ病の症状を見せることが多くなっているからです。このうつ病の症状にはたくさんの例がみられますので、家族の人も注意してみておくことが良いと思われます。新入社員の多くが見せる症状には、不眠になることです。仕事に関係する悩みからベッドに入っても直ぐ眠りに就くことが出来ず、もんもんと時間が過ぎてしまうことになってしまいます。更には眠りが薄くなってしまうことで簡単に目が覚めてしまい、今度は眠りに就くことが出来なくなってしまうことなどがあります。このような事態を引き起こすことから、物事に対し意欲をもって接することが出来なくなってしまうことが多くなります。そのため周囲からは、やる気がないなどの目で見られることにもなり、更にヤル気が失せると言った悪循環を作り出してしまうことになりかねません。このような事態にならないためにも、早めに病院へ行き治療を受けるのが得策なのです。新入社員がうつ病の症状を見せても、本人はなかなか病院へ行きたがらないと思われます。なぜなら、新入社員になったばかりで、うつ病の病院へ行きにくいと考える人が多いからです。そんな時でも家族や職場の上司が親身になり、本人と一緒に病院へ行くことが良い方法となります。しかし、病院選びも難しい問題になって来ます。と言うのも、精神科・精神神経科・心療内科・神経内科などの病院があり、どの病院に行けば良いのか判断が難しいことになるからです。この時ベストな選び方として言われることに、心療内科を選択することです。他の病院では、症状を大袈裟に捉えることになりかねなく、本人も二の足を踏むことも考えられるからです。気軽に病院へ行けることも、大事なポイントになります。心療内科の診療科目は、心身症と言われる胃潰瘍とか気管支ぜんそくなどですが、多くの病院では心の病の治療も行っています。そのため長期にわたる入院が必要なほど症状が重い患者さんには、精神病院などを紹介することになります。しかしうつ病の始まりに当たるような人には、心療内科も最適な病院でもあると知っておきましょう。うつ病にかかった人は治療期間が比較的長くなると予想され、病院は通いやすいと言うことも大切になります。毎日通う訳ではありませんが、通う時間帯や曜日と自身の都合が合うことが必要です。また医師との意思疎通も非常に大事なことになり、医師との相性が合うこと重要なことになります。医師、そしてスタッフが親切で患者を大事にする病院が、症状回復につながる大きな要素でもあると考えるべきです。