初期段階でしっかりと治療

悩む男性

症状を重くしないこと

大学や専門学校を卒業して新社会人として働き始めた新入社員には、環境の変化によるかなりのストレスがかかってしまい、中にはうつになってしまう人なども少なくないでしょう。周囲がしっかりとサポートをしながら教育をしていくことができれば、理想的ですが、多くの企業がOJTを通じて仕事をしながら社員教育を行っており、取引先との折衝などによって心に大きな負荷やプレッシャーがかかってしまうことがあります。会社の福利厚生制度にもよりますが、新入社員には有給休暇が十分に与えられていなことも多く、ストレスで心の病気になってしまった時には、病休などを取得することが必要になってしまうでしょう。うつによって長期休暇になってしまった場合、給料ももらえないことが多いので、うつになってしまうとかなりの費用負担がのしかかってしまいます。病院に通院して薬を処方してもらう程度であれば、健康保険を使うことができ、自己負担も3割となりますが、入院が必要になってしまうと膨大な費用が発生してしまうことになります。症状が重くなってしまうと、入院費用や食事代、病院で使う日用品の費用などかなり大きな出費となってしまい、新入社員にとってはかなり大きな負担となってしまうため、できるだけ症状が軽い段階で対策を行うことが肝心です。周囲にいる先輩や上司の方々も、日ごろから新人の様子をしっかりと見て、悩んでいることがないかを見極めてサポートをしてあげることが必要です。入院費用の相場としては、1日2万円程度の出費となってしまい、入院期間が長くなると膨大な費用となってしまうでしょう。新入社員がうつ病のような症状に掛かってしまった場合、まずは精神科や心療内科などに罹って、医師から診察をしてもらったほうが良いでしょう。対象に異変がある場合、内科などに行っても原因がわからないことが多いので、ストレスやプレッシャーに苦しんでいる様子があれば、心療内科に行くように勧めて挙げると良いです。心療内科では、診察を待っている人が同じように心のストレスに苦しんでいることが多いので、急に通院すると迷惑になってしまう可能性もあります。できれば、事前に電話で連絡をして診察日や時間を予約してからいったほうがスムーズに案内してもらえるでしょう。心療内科で診察を受ける場合、医師から問診を受けることが基本となりますが、自分の気持ちを正直に話すようにすることがとても重要となります。初めて会う医師を相手に弱気なことを正直に話すことに抵抗を感じてしまうという人もいるかもしれませんが、症状をしっかりと診察してもらうためには、全てを正直に話すことが非常に大切です。初めて心療内科に通院するという人は、抵抗感を感じてしまうことが多いですが、新入社員は生活環境が急激に変化することになり、うつになってしまう人も少なくないので、気兼ねせずに通院して、しっかりと治療をすることが会社に貢献するためにも大切になります。うつになってしまった場合、自分自身でもしっかりと症状と向き合うようにして、無理な仕事などをしない様にすることも重要です。周囲に頼ることができない性格の人も気兼ねせず周りからのサポートを受けたほうが良いでしょう。