社会に不安な若者の特徴

医者と看護師

誰にでも起きる心の姿

現在、新入社員などの若者は、潜在的にうつ病にかかりやすいと言われています。これは個人特有の内容では無く、社会全体で見られる傾向でもあるのです。現在、普通に働いている年配の方には、理解しにくい状況かもしれません。大前提として、現在の年配の人達とは、違った環境で育っているのです。現れやすい代表で言えば、新入社員のうつ病は、社会不安障害から来る心の病でしょう。従来の子供達は、外で遊びまわるのも多く、自分自身の世界観を自ら外で広げていた時代もありました。近年は、犯罪のニュースが多発したり、テレビゲームの普及によって、外で遊び回る子供達は、減っている傾向にあります。その様な子供たちが大人になり、初めての社会に対して、不安を抱かれるのも致し方がない話ではないでしょうか。多くの人は、1人で無の知らない外国に足を運んだ場合、不安になられるのと同じです。犯罪等の影響によって、外で遊ぶのは危険だと教育を受けている子供は、特に不安感も強く感じるでしょう。一度も叱られたことの無い人にとっては、少しのきつい言葉が、心臓に刃物が刺さった様な気持ちも感じるはずです。新入社員のうつ病からは、潜在的に様々な心の病を引き起こす可能性があります。例えば、パニック障害や対人恐怖症、神経が過敏に働く中で統合失調症を引き起こす場合もあります。誰でも、虎などの猛獣の様な人に囲まれれば、新入社員で無くても、同じ様な、うつ状態を患わしてしまう場合もあるはずです。実際に新入社員としてうつ病にかかっている人は、心身を医療機関で回復させ、社会に適応できる様に、意識改革と社会に慣れるためのトレーニングを積み重ねなければなりません。新入社員のうつ病に限らず、うつ状態は、治療が長引く傾向にあります。薬は処方すれば、一時的に心は和らぐ場合もありますが、薬に頼らない精神状態を目標に掲げるのも大切です。会社に通院を伝えるべきかどうかは、難しい判断です。新入社員のうつ病は、その要因が様々であり、特定の人が原因を作り出している場合もあれば、社会そのものにプレッシャーを感じている場合もあるためです。人の性格も様々であり、配慮して接し方の気配りが出来る人もいれば、理解出来ない姿に不満を抱かれる人もいるでしょう。初日の通院は、会社に伝えずに通院を行い、先生方と相談しながら決断されるのも良いかもしれません。うつ病の通院は、始めは1週間に1回程度、徐々に、通院までの間隔が長くなっていく特徴もあります。働いている中では、容易に通院する時間が取れない場合もあるかもしれませんが、時間に柔軟性を求めるのも可能であり、自分のペースで治療に臨めます。医療機関側は、働いている人を対象に治療に当たっている場合もあり、時間については深く考える必要性はほとんどありません。治療は、本人が回復を望まないと、先生方も上手くサポートができません。そのため、抱え込んでいる苦しみ全てを吐き出す心構えと、心をオープンにする心の準備もポイントです。専門家から見た客観的な視点によって、新たな自分に気づかれる場合もあり、うつからの回復を一歩一歩実感して行ける様になるでしょう。薬の処方と、国が認めている心理療法は、保険適用される場合があります。そのため必ず保険証持参して、足を運ぶのも大切です。