カウンセリング

早めの治療が大切

希望と憧れを持って入って来た新入社員も、5月6月となると理想と現実の違いに悩みをかかえる場合が出て来ます。その時にかかりやすくなるのがうつ病で、簡単に治る場合は少ないようです。早目の治療のため、心療内科へ足を運ぶことが良い方法です。

医者と看護師

社会に不安な若者の特徴

現在の新入社員は、社会との閉鎖的な育ちから、社会に対して恐れを感じやすく、うつを患わせやすくあります。その背景には、外の社会に対する犯罪のニュースや、テレビゲームなどの普及などもあるでしょう。治療は、回復したい意思も大切です。

悩む男性

初期段階でしっかりと治療

新入社員にはうつになってしまう人が結構多いので、周囲の人たちも様子を見ながら、しっかりとサポートをしてあげたほうが良いでしょう。症状が重くなってしまうと入院が必要になってしまうようなケースもあり、治療費が膨大になってしまうこともあります。

環境の変化やストレス

髪を触る男性

病気の種類を知っておこう

新入社員は学生の頃とは違い、責任の重い仕事を任されますし、学生時代とは大きく環境も変化するため、過度なストレスや緊張、不安などが原因でうつ病に罹ることもあります。一般的なうつ病は憂鬱な気分が3週間以上続いたり、朝は気分が優れないけれど夕方になると少し回復したりする傾向があります。非定型は新型うつとも呼ばれており、一般的な症状も見られますが、趣味や娯楽などをしている時は少し気分が良くなるなどの傾向があります。非定型うつは比較的若い10代、20代の年代に多く、新入社員にも多くみられる傾向があります。周囲の人からは甘えや怠けなどと誤解されることも多く、辛い気持ちを理解されないこともあります。新入社員は新しい環境になじむのも大変ですし、仕事内容をきちんと覚えて業務をこなす必要があります。職場の人間関係があまり良くなかったり、サービス残業などが多く、休暇が少ない場合は病気を発症することもあります。気になる症状が3週間から、一か月以上続く場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングや診察に時間を掛けてくれるため、日常で困っていることや、不安感などがある場合は、医師に話を聞いてもらうことが大事です。症状の重さは多少の個人差がありますが、基本的には通院による治療が中心になります。一般的な病気の場合は休職を勧められることが多いですが、非定型の場合は多少は辛くても、通勤を続けたほうが良いケースもあります。通勤を続けながら、治療を受けている人も増えています。就職が決まった新入社員は、新しい職場に期待や不安を感じていますが、真面目で几帳面、完璧主義などの執着気質の人は、自己満足度が低いため、頑張りすぎる傾向があります。学生時代とは違い、仕事に責任を持つ必要がありますし、上司や同僚などともうまく付き合っていく必要があります。上司や同僚とのコミュニケーションがうまくいかなかったり、仕事内容を覚えるのに時間が掛かるので悩んでいる人も少なくありません。過度なストレスや緊張、環境の変化などが原因で、うつ病を発症することもあります。うつ病には一般的な病気の場合と、非定型うつなどの種類があります。本人にとっては大変辛い症状なので、病識がある場合は早めに精神神経科のクリニックや、病院を受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、内服薬による治療が中心になるため、根気よく続けることが大事です。非定型うつの場合は、抗うつ剤が効きにくい傾向がありますが、カウンセリングなどの精神療法や、認知行動療法などの治療を受けることで、改善するケースもあります。誰でも罹る可能性がある精神疾患のひとつですが、早い段階で治療を受けることで、改善するケースも多いです。新入社員は5月から、6月ぐらいに心身の不調を感じることが多いため、十分な休息や睡眠を心掛けることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、豊富な経験や実績のある医療スタッフが在籍をしているため、医師や薬剤師が服薬の指導もしてくれます。内服薬は即効性はありませんが、根気よく続けることで辛い症状を改善できます。